フリーランスのお金・税金の節税・節約のTOPに戻る


合同会社の設立

フリーランスで個人事業を7年間行い、とうとう合同会社の法人を設立しました。法人設立をした方が節税になるといろいろな書籍で読みましたが、なかなか決断できませんでした。

なぜ、思い立って法人設立したかというと・・・社会保険に加入したいからです。国民健康保険の保険料が高すぎて、これから何十年もこんな高額な国民健康保険料を納付しなければならないかと思うと生きる希望もないので、覚悟を決めて法人設立しました。

まずは法人設立をすると決めてから、3日後に地元の行政書士&税理士事務所に法人の手続き書類作成を依頼。
私が見つけた行政書士&税理士事務所と税務顧問契約を結ぶと法人設立の手続き書類を格安料金で作ってもらえます。

決算時にのみ税理士事務所に頼もうかと思っていましたが、毎月 定額の支払いで決算時も税務書類を作っていただけるのでしたら、ありがたいですよね〜

☆会社設立の前の準備☆

◇社名・・自分がつけようう思う社名をGoogleやYahooなどの検索エンジンで検索をかけて調べる。
法務局にある端末で同じような社名がないかを確認する。
会社の近くで同じ社名の会社があったら、やはりあまりいい気持ちはしませんものね。

◇会社の定款などある程度の事をきめておく。

◇行政書士事務所と打ち合わせをして法人設立の書類を作ってもらう。

◇資本金を個人通帳に入金して通帳のコピーを行政書士事務所さんにわたす

◇法人印鑑を作成する。
私はこちらのコマキハンコさんでケース付き黒水牛印鑑を作成してもらいました。
コマキハンコさんは書体を5種類の中から選ぶことができ、有料で印鑑のデザイン確認をすることができます。
印鑑のデザイン確認をすることによって、安心して発注することができました。



◇法人の印鑑が完成し、届いたら 行政書士事務所の担当者と打ち合わせ。できたばかりの法人印鑑を提出書類に押してもらい書類は完成。

合同会社を設立するので登録免許税の6万円と行政書士事務所への書類作成手数料を渡して、いざ法務局に参ります。

法務局に同行しててくれた行政書士事務所の方が「書類提出はびっくりするぐらいあっけないです・・」と初めに教えてくれましたが、本当にあっけなかったです。書類を手渡して 5秒ぐらいで終了〜

法務局で登記が完了するのは翌日の午後から。それまでに書類不備などの電話がなければ、登記が完了です。

◇翌日、法務局に行くと無事に私の会社の法人登記が完了していました。

登記簿謄本を取得しようとしましたが、現在は履歴事項全部証明書というのが正しい名称なんですね。
書類申請用紙に記入して、収入印紙を購入し、申請用紙を提出。

待っていると私の会社の履歴事項全部証明書が出来上がりました♪

会社を設立しようと思い立った日から10日後に会社を設立できました〜

関連コンテンツ

健康保険・厚生年金の資格・報酬等の調査とは

法人を設立して6ヶ月ほどしたある日、年金事務所から「健康保険・厚生年金の資格・報酬等の調査」という手紙がきました。 そのお手紙の内容は ◇労働者名簿など ◇就業規則など ◇出勤簿やタイ・・・

法人税と消費税用の税金貯金

個人事業時代も所得税や所得税の予定納税、市民・県民税、個人事業税など税金の納税がとても大変でした。 税金の納税が大変なので 税金用の貯金をしなければと思いつつ、なかなかできず、いつも納税時はピン・・・

法人成り後、税理士との顧問契約は必要??

個人事業時代は青色申告ソフトに自分で入力して 確定申告も自分でやっていました。 さて、法人成りして会社設立した場合、自分で決算書類の作成と申告ば出来るのでしょうか?? やはり、会計ソフトに日々・・・

自宅の一室を会社事務所にした場合の経費

法人成りして自宅の一室を会社事務所にした場合の経費は個人事業時代と同じようにすればよいのでしょうか?? ☆水道光熱費・・電気、水道、ガスなどは事業で使用する割合を決める。 電気、水道、ガス・・・

法人設立後の税務署に届ける書類

法人の登記が完了し、銀行の法人口座の開設も完了、日本年金機構に行き、社会保険の加入手続きも済んだ!!あとやる事は・・税務署様です。 ☆税務署に提出する書類はどんなものがあるのでしょうか ◇・・・

合同会社の登記完了後にやる事

合同会社を設立すると決めて行政事務所さんの会社設立の書類 一式を作成してもらいましたので、法人登記はスムーズに完了しました。 法人登記をするまでの様子はこちらのページです。 法務局で法人登記が・・・

会社設立時の資本金はいくら必要か??

会社設立時に資本金はいくらにすればよいのか、悩みますよね。 平成18年5月1日から施工された会社法により、最低資本金制度が撤廃されましたので、資本金は1円から会社設立することができます。 ・・・