フリーランスのお金・税金の節税・節約のTOPに戻る


株式会社か合同会社か??

会社を設立しようと決めたら次に考えることは「やっぱり 株式会社??それとも合同会社??」のどちらにするかですよね。
やはり出資者が有限責任しか負わなくてよい会社組織にしたいので、株式会社か合同会社の2種類しかありません。

株式会社と合同会社のメリット・デメリットを比べてみました。
項目 株式会社 合同会社
資本金 1円から設立可 1円から設立可
責任範囲 有限責任 有限責任
納税義務 法人税・地方税 納税義務あり 法人税・地方税 納税義務あり
決算書 株主資本・株主資本等変動計算書 社員資本・社員資本等変動計算書
登録免許税 資本金の1000分の7(15万円に満たない時は申請1件につき15万円) 資本金の1000分の7(6万円に満たない時は申請1件につき6万円)
定款認証代 5万円 不要
出資と経営 出資者と経営者が分離 社員(出資者)と経営者が一致
持分比率 株式の所有割合に比例 出資金額に比例する必要はなし
決算公告 義務あり 義務なし
社会保険 健康保険と厚生年金の加入が強制 健康保険と厚生年金の加入が強制
信用力 高い 株式会社にくらべたら低い
株式会社と合同会社の違いを簡単に比べてみましたが、フリーランスで仕事をしていて、会社組織をどちらにすめかと悩んだ時に どうしても対外的な信用力が必要であれば、株式会社。
見栄えの肩書きにこだわらず、金融機関から借り入れする必要もなく、個人事業の延長を会社組織にしたいという人は合同会社でよいのではないでしょうか・・
合同会社の方が設立費用も安いですしね。

まずは合同会社を設立して、事業が軌道にのり、もっと大きなビジネスをやりたい、やはり株式会社に変更したいという時はお金を払って手続きをすればよいだけです。
ですが、新会社の印鑑から作らなければならないので、やはりある程度のお金が費用になりますね・・
やはり、よくよく考えて株式会社にするか合同会社にするのか決めましょう。

関連コンテンツ

課税所得 いくらぐらいで法人成り??

個人事業で生活することができるようになり、順調に売り上げも増えて、自分の手元に残るお金も増えてきた♪と喜び、売り上げが増えている時はこのままずっと売り上げが増えて行くような気がしますが、いざなにかが起・・・

会社で利益が出た場合の節税方法

法人を設立して 決算前に利益がでたら、ごっそりとボーナスをもらおうと思っていたんですが・・・ ◇役員報酬は 毎月同じ金額しか経費にできない ◇役員への賞与は経費にならない ◇役員報酬を変更で・・・

会社の納税スケジュール

個人事業から会社組織にした時に税金はいつ払わなければならないのか??という事がとても気になます。 個人事業の場合の納税スケジュールはわかっていますが、一人会社の場合、個人の納税と会社の納税もすべ・・・

個人事業主から会社設立への決断

国民健康保険料にどうも納得がいかないのは、どれくらいの金額が請求されるのかは6月に納付書がこないとわからないという点。 所得税も市民・県民税も税率は調べればすぐにわかります。 健康保険も厚・・・