フリーランスのお金・税金の節税・節約のTOPに戻る
「フリーランスのお金・税金の節税・節約」トップ >  法人成り > 会社で利益が出た場合の節税方法


会社で利益が出た場合の節税方法

法人を設立して 決算前に利益がでたら、ごっそりとボーナスをもらおうと思っていたんですが・・・

◇役員報酬は 毎月同じ金額しか経費にできない
◇役員への賞与は経費にならない
◇役員報酬を変更できるのは年1回、決算から3ヶ月以内

などの決まりがあるそうです・・がっかりしました・・

役員への賞与は経費にならないなんて・・・・


ですが、平成18年度税制改正により見直された役員給与税制の中の事前確定届出給与で事前に届出すれば賞与が損金算入できますが、届出書類の作成と提出が必要になり大変とのこと。


やはりいろいろと疑問に思うことを情報収集しても理解できないことが多いので、税理士の人に会社設立前に一度、事前相談をした方がよいかな・・などと思ってしまいます。


さて、決算直前に利益が予想よりも沢山出そうな時はなるべくお金を残す方法で節税するにはどうすればよいのでしょうか??


◇法人保険商品に加入する・・保険料が全て経費として全額損金にできる保険商品に加入。

◇小規模企業共済制度・・個人事業者や小さな会社の役員のために退職金制度を利用。毎月、最低1000円から最高7万円まで500円円単位で選択。一年間に支払った金額が個人の所得から全額控除される


税理士でも会計士でもない私がネットで調べた情報でわかるのはこのくらいですね・・

会社を設立してからも徐々に情報収集をしていきたいと思います。

関連コンテンツ

課税所得 いくらぐらいで法人成り??

個人事業で生活することができるようになり、順調に売り上げも増えて、自分の手元に残るお金も増えてきた♪と喜び、売り上げが増えている時はこのままずっと売り上げが増えて行くような気がしますが、いざなにかが起・・・

会社の納税スケジュール

個人事業から会社組織にした時に税金はいつ払わなければならないのか??という事がとても気になます。 個人事業の場合の納税スケジュールはわかっていますが、一人会社の場合、個人の納税と会社の納税もすべ・・・

株式会社か合同会社か??

会社を設立しようと決めたら次に考えることは「やっぱり 株式会社??それとも合同会社??」のどちらにするかですよね。 やはり出資者が有限責任しか負わなくてよい会社組織にしたいので、株式会社か合同会・・・

個人事業主から会社設立への決断

国民健康保険料にどうも納得がいかないのは、どれくらいの金額が請求されるのかは6月に納付書がこないとわからないという点。 所得税も市民・県民税も税率は調べればすぐにわかります。 健康保険も厚・・・