フリーランスのお金・税金の節税・節約のTOPに戻る
「フリーランスのお金・税金の節税・節約」トップ >  経費 > 個人事業主 フリーランスの経費・経費科目


個人事業主 フリーランスの経費・経費科目

確定申告するために、日々のお金の出入りを把握する必要がありますね。
まずはレシート・領収書をこまめに集めておくこと。お金の出入りをきちんと把握しておくこと。
これを一ヶ月づつ、お金の出入りとレシート整理をしておくと、確定申告の書類作りがとっても楽にできます。

確定申告の書類を作るために、経費の科目を分けておきましょう。

物の仕入れ、売り買いのない、個人事業主、フリーランスでよく使われる経費と経費科目を簡単に説明します。

☆荷造運賃・・荷造りした資材・宅配運賃
☆通信費・・電話・インターネット回線使用料・はがき・切手・レンタルサーバー・ドメイン
☆旅費交通費・・電車・バス・タクシー・航空券・ホテル宿泊費・ガソリン代・時間駐車料金
☆事務用品費・・文房具
☆新聞図書費・・新聞・書籍・雑誌
☆消耗品費・・10万円以下のパソコン・備品・封筒・名刺
☆接待交際費・・接待の飲食費・冠婚葬祭の祝儀・お歳暮・お中元の贈答費用
☆地代家賃・・事務所の家賃・駐車場代
☆支払手数料・・振込み手数料
☆租税公課・・事業税・収入印紙・固定資産税
☆水道光熱費・・電気代・ガス代・水道代
☆支払保険料・・火災保険・自動車保険などの保険料
☆修繕費・・パソコンの修理・車検費用
☆取材費・・WEB製作や原稿製作のために取材旅行・店舗取材にかかった費用

私がいつもよく使用する勘定科目はこれぐらいです。

フリーランスになってはじめての確定申告の前に、自分で勘定科目になにが該当するのかを確認して、その後、同じルールで仕分けするのがよいと思います。

勘定科目は「目立ちすぎないこと」と「かわり過ぎないこと」がポイントと
「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」の書籍に書かれているので、ぜひ、読んでみてください。

持ち家で仕事をしている人は仕事で使用面積での住宅ローンの利息、固定資産税を面積での按分して経費計上、持ち家マンションの管理費も按分計上、賃貸住宅の場合も家賃を仕事で使用面積でも按分計上や、水道代・電気代・ガス代なども按分で経費計上できるので、どうゆう割合で自己使用分と仕事使用分とわけるのかも決めておいて、毎年その割合で経費計上するのがよいと思います。

関連コンテンツ

フリーランス・個人事業主になって初めにやるお金の事

会社勤め サラリーマンを辞めて自分で稼いで商売をやっていこう!!と覚悟したら、いろいろとやる事があります。 まずは仕事で稼ぐ事が必要ですが、お金に関していろいろとやらなければなりません。 とい・・・

フリーランスの領収書・経費の整理方法

フリーランス・個人事業主の領収書の簡単整理方法をご紹介します。 私がやっているかなりアナログな方式です。 仕入れなどがない場合の人には便利な方法です。 1 まずは仕事で使うものはレシ・・・