フリーランスのお金・税金の節税・節約のTOPに戻る
「フリーランスのお金・税金の節税・節約」トップ >  経費 > フリーランス・個人事業主になって初めにやるお金の事


フリーランス・個人事業主になって初めにやるお金の事

会社勤め サラリーマンを辞めて自分で稼いで商売をやっていこう!!と覚悟したら、いろいろとやる事があります。

まずは仕事で稼ぐ事が必要ですが、お金に関していろいろとやらなければなりません。
というか、やっておいたほうが後から楽です。


◇1 税務署に個人事業の開業届けと所得税の青色申告承認申請書を提出

税務署はすべて届け出制なので、自分で申告・届出をしなければなりません。
初めは収入がちゃんとあるかわからないから、白色でいいかな・・と思いますが、もし、稼げてしまった時の税金の支払いが大変ですので、申請書を提出しておきましょう。

◇2 家族に6ヶ月以上、仕事を手伝ってもらうのであれば、青色事業専従者給与に関する届出手続も提出

◇3 仕事専用の銀行口座とクレジットカード(VISAデビットカード)などを作る

銀行口座・クレジットカードを仕事専用にしておくと、普通預金出納帳に記帳する時に簡単でよいです。
クレジットカードも仕事専用にしておくとかなり、記帳の時に便利です。
私は楽天銀行の口座を使用し、楽天VISAデビットカードを決済専用に使用していますが、VISAクレジットカードが使用できるショップでは、ほとんど使用できますし、現金がリアルタイムで口座から引き落とされるので、記帳の時や、お金の管理がとても便利です。(ただし、楽天VISAデビットカードは誰でも作る事ができますが、会費が必要です)

☆まずはここまで用意をしたら、一生懸命お仕事をして、領収書をしっかりと保管して、現金出納帳と普通預金出納長をこまめに記帳してお金の管理をしましょう。


◇さて、せっせとお仕事をしていたら、私が住んでいる地域の税務署から「青色申告承認申請」を提出した人の説明会があるので参加してくださいとお手紙がきました。(他の県でもこうゆう説明会はあるのかな??)
こちらの説明会に参加すると税金についての簡単な説明があり、帳簿の記帳のしかたなどの説明がありました。

今後、自分で帳簿を作成していくために、個別指導かパソコン指導がどちらがよいか選ぶ事ができ、私はパソコン会計指導を選択。

パソコン会計指導の日がやってまいりました。



自分のノートパソコンを持ち込んで、「ブルーリターンA」という青色申告会の個人事業者向けパソコン会計ソフトの単年度用をインストールしてもらいました。

初めに税務署の人のお話で「大事な税金を使用して、無償でこの場が提供されているので、最後まできちんと講習に参加してください」とのことです。
私が収めた税金でこの指導会に参加したと思えば、気分も良いですよね。

まずは青色申告会の人の説明で、事業用資金と個人のお金をきちんとわけて管理すること。

現金の出入りと普通預金のお金の出入りは現金出納帳と普通預金出納帳で別々に管理することなどの注意事項の説明をうけて、「ブルーリターンA」のソフトの使い方を教えてもらいました。

いつもパソコンを使っている私にとってはこの「ブルーリターンA」のソフトはとっても使いやすいですね。
ただし、このソフトを動かすのにけっこうパワーがいるように思います。

会場に持ち込んだネットブックはCPUはインテルAtom N570でメモリ 1GBですが、データーバックアップ時には、ちょっと時間がかかりました。
自宅に持ち帰ってデスクトップのPCでの作業はもっとパワーがあるのでこのソフトを使用した時はそんなにストレスを感じませんでしたが。。。

さて、白色申告で確定申告を何年もやっているので、ソフトに現金出納帳と普通預金出納長に入力するだけで、すべての必要帳簿を作ってくれるのはとても魅力的です。
2012年はこのソフトに入力すれば、e-taxで確定申告まで連動して終了するようです。

2013年からはこのソフトを使用する場合は自分で購入すればよいようです。

関連コンテンツ

フリーランスの領収書・経費の整理方法

フリーランス・個人事業主の領収書の簡単整理方法をご紹介します。 私がやっているかなりアナログな方式です。 仕入れなどがない場合の人には便利な方法です。 1 まずは仕事で使うものはレシ・・・

個人事業主 フリーランスの経費・経費科目

確定申告するために、日々のお金の出入りを把握する必要がありますね。 まずはレシート・領収書をこまめに集めておくこと。お金の出入りをきちんと把握しておくこと。 これを一ヶ月づつ、お金の出入りとレシー・・・