フリーランスのお金・税金の節税・節約のTOPに戻る
「フリーランスのお金・税金の節税・節約」トップ >  生命保険 > 高額死亡保障の生命保険は必要??


高額死亡保障の生命保険は必要??

生命保険に入らなければならない理由はなんなんでしょうか・・

高額な死亡保障のついた生命保険は必要なのかな・・と思いますが、これは家族構成によって必要な金額は違ってきますね。

◇独身・・お葬式代ぐらいの死亡保険でよいのでは

◇結婚したけど 子供はなし。夫婦二人で働いている・・こちらも各々 お葬式代ぐらいの死亡保障でよいのでは・・ 

◇子供が生まれたばかりで 妻は働けません・・家計を支えている夫になんかあったら大変なので、妻と子供が路頭にまよわないぐらいの死亡保障が必要・・

◇子供の養育費・学費にとってもお金がかかります・・こんな場合もそれなりに死亡保障の保険に加入したほうが良いですよね。
(子供がいて万が一夫に不幸があった場合、遺族厚生年金や国民年金 遺族年金で多少は生活費がまかなえます。
自営業などで国民年金の納付が大変という人も万が一のためにきちんと納付しておいたほうがよいです)


結局、高額の死亡保障の生命保険は立場によって必要な額がずいぶんと違うと思います。

それに同じ生命保険をずっと払い続ける必要もなく、その都度見直せばよいと思います。

こちらもいろいろと資料を取り寄せて自分で納得できる生命保険を見つけるのがよいと思います。


私は貯蓄性の高い生命保険に入っています。死亡保障はお葬式代ぐらいの死亡保障です。

貯蓄性の高い生命保険に入る理由は「お金が足らなくなったら 契約者貸付でお金を借りることができるから・・」です。

自分が払い込んだお金を元手にして 契約者貸付でお金を借りて 利息を生命保険会社に払うのもバカバカらしいなあ。。と思いますが、どこからも借金できない時はとても役に立ちますよ。

万が一の保障もついて、払い込んだ範囲内でお金を借りることができる!!

とりあえず契約者貸付で 50万円とかまとまったお金を借りると まず 返済ができなくなります・・・50万円を返済できるような計画性があれば、契約者貸付など 利用しないと思います。

細かく返済をしていても いつ50万円を完済できるかどうかわかりません・・

そんな時はその契約を「払い込み済み」にしてしまいます。

例えば 死亡保障 100万円で契約者貸付 50万円で借りました。でも50万円を返済することはできません。

保険料ももう払いたくないのでこの保険を「払い込み済み」にしたいと生命保険会社に電話をすれば、すぐに計算してくれて
「最終的に死亡保障 ●●万円ぐらいになりますが、よろしいですか」と教えてくれます。
この時に自分が払い込んだ金額よりは多少は損をするかも知れませんが、解約してしまうよりはずいぶんとお得だと思います。

私は収入の波があるので 収入の高い時には支払えた生命保険料が払えなくなり、お金も必要になって契約者貸付を利用し、結局「払い込み済み」にしてしまった生命保険が何個かあります・・

多少は損をしていますが、その払い込んでる期間は万が一の保障がついていて、さらにお金を借りるこてとができます〜

ついでに毎月の保険料の1万円が払えなくなった・・・でも解約すると万が一の保障がなくなる・・という時は 月々の保険料を「減額」して保障も減らすことができます。

こちらも生命保険会社に電話をすれば、「減額」の手続きをしてくれますよ。
生命保険会社も解約されるより、減額してでも契約を続けてほしいですからね。

生命保険は一度、契約してしまったら 変更できないわけではなく、どうしても納付が難しくなったら、いろいろと手がありますよ。

関連コンテンツ

やはり医療保険は必要

医療保険とは本当に必要なの??イザという時のためにやっぱり、備えておいたほうがよいよいかな・・とも思います。 健康保険や国民健康保険料をきちんと納付している人は高額療養費制度というありがたい制度・・・

医療保険は本当に必要??

毎日 何気なくテレビを見ていると 生命保険や医療保険のコマーシャルが沢山流れていますよね。 あれほど、沢山の生命保険や医療保険のコマーシャルを流すことができるなんて、よほど生命保険会社は儲かっている・・・