フリーランスのお金・税金の節税・節約のTOPに戻る
「フリーランスのお金・税金の節税・節約」トップ >  市民税・県民税 > 個人事業主の市民税・県民税と国民健康保険


個人事業主の市民税・県民税と国民健康保険

個人事業主になってせっせと稼いで初めてまとまった稼ぎができたのでせっせと節税。
未納になっていた国民年金や滞納中の健康保険、市民税・県民税を、納付した社会保険料は全額控除になるので、コツコツと納付し、無事 e-Taxで確定申告が終了。

所得税も税務署の窓口で納付して、「一年がんばったなあ〜」と喜んで、日々仕事に励んでいましたが・・・


平成24年6月中旬、悪魔のような納付書が我が家にやってきました。

市民税・県民税の納入通知書。。

前年度の総所得 440万円

控除金額
社会保険料控除 54万円
生命保険控除 35000円
基礎控除  33万円

控除後の金額 349万5千円

この金額に対して 市民税・県民税 35万円
(細かい数字は切り上げています)

国民健康保険納入通知書(二人家族)

医療費給付分保険料年額・・51万円
後期高齢者支援金分保険料年額・・14万円
介護納付金分保険料・・12万円

あわせて合計77万円なり!!


前年度の総所得  440万円
控除後金額  349万5千円

確定申告 所得税 26万円
市民税・県民税 35万円
国民健康保険料 77万円
国民年金 18万円x2人分

締めて納付合計金額 174万円なり!!

前年度の控除後金額に対して 社会保険と税金が実に44.6%の割合の 高負担です。
これはどうゆうことなんでしょうか??

自分が国民健康保険料に関して無知だったのが、すべての原因ですが、稼ぐ気がなくなりますよね・・


国民健康保険は住民税の金額からはじきだしたと市役所は言っていますが、
一世帯あたりの収入と支払う社会保険料と税金のバランスという考え方はないのでしょうか??
<市役所の人に聞いたら、このような考え方は一切ないそうです。すべて、縦割り、個別に請求するので、市役所が請求したものは払え!!という態度でしたね>

さらに今年の稼いだ所得で 156万円を納付できるのかが、よくわかりません・・・
所得が不安定な個人事業主には必死で稼いでもこんな冷たい仕打ちが待っていました・・


確定申告時の税率ばかり気になって、せっせと節税しておりましたが、市民税・県民税の控除金額が生命保険料・基礎控除などは少し違います。

毎月の収支表で確定申告時の納税予測をしていますが、市民税・県民税の方が生命保険・基礎控除金額が少ないので、少ないほうで予測をしておかなければなりませんね・・

しかし、77万円の納付通知書を自動的に送りつけてくる市役所はいい商売ですよね・・送りつけて、払えなければ、督促して払わせるだけですから・・・

国民健康保険の納付金額が高すぎるので、国保組合という物がよいなあと思いますが、私の職種で入れそうなものはありません・・

しかし、これだけ納付するために必死で稼がなければなりません。

なんか、国民健康保険料を納付するために働くようなものになってきました・・
結果的にあんまり稼がないほうが、よいみたいです・・社会保険料の金額が少なくなるので・・


個人事業主の皆様、個人事業になってせっせと稼いで、ある程度、収入が安定してきたら、市役所に国民健康保険の金額がどれくらいになりそうか、電話で問い合わせてみましょう。

確定申告してはらう所得税よりも、国民健康保険の金額のほうが、高額です!!
住んでいる市町村によっても違うそうですが、やはり、情報収集しておいたほうが良いですよ。

関連コンテンツ

フリーランス・個人事業主が支払う税金の種類

サラリーマン時代には気にしていなかった、市民税・県民税・所得税・国民健康保険、国民年金など、すべて自分で管理して支払わなければなりません。 フリーランス・個人事業主が支払う税金はどんな税金がある・・・